このページの本文へジャンプする

個人情報保護方針

個人情報保護方針

十八銀行は、お客さまの大切な個人情報の取扱いに関して、個人情報の保護に関係する法令等を遵守し、適正な取扱いに努めるべく、ここに個人情報保護方針を宣言いたします。

1.個人情報の取得について

(1) お客さまとの取引を安全確実に進め、より良い商品・サービスを提供させていただくため、お客さまに関する必要な情報を収集させていただきます。お客さまから収集させていただく情報の種類は、お名前、ご住所、生年月日、性別、電話番号、職業等があります。また、当行の提供する各種商品・サービスに関連し、必要な個人情報をご提出いただく場合があります。
(2) 当行では、例えば、以下のような情報源から個人情報を取得することがあります。
(取得する情報源の例)
  • ・預金口座のご新規申込書など、お客さまにご記入・ご提出いただく書類等により直接提供される場合(ご本人からの申込書等の書面の提出、ご本人からのWeb等の画面へのデータ入力)
  • ・各地手形交換所等の共同利用者や個人信用情報機関等の第三者から、個人情報が提供される場合

2.個人情報の利用目的について

(1) お客さまからお預かりした個人情報は、別に定める業務および利用目的【注】に利用いたします。なお、利用目的の達成に必要な範囲を超えてお客さまの情報を利用いたしません。
(2) 当行は個人情報を取得した場合には、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を公表いたします。また、お客さまご本人との間で契約を締結すること等に伴って、ご本人から直接書面(電子的方式・磁気的方式等による記録を含む)に記載された個人情報を取得する場合においてはその利用目的を明示いたします。また、与信業務においてはご本人の同意を得ることといたします。
(3) 当行は、お客さまにとって利用目的が明確になるよう具体的に定めるとともに、例えば、各種アンケート等への回答に際しては、アンケート集計のためのみに利用するなど、取得の場面に応じ、利用目的を限定するように努めます。

3.個人情報の提供について

(1) 当行は、下記の場合を除いて、お客さまの情報を第三者に提供することはありません。
  • (ア)お客さまが同意されている場合
  • (イ)法令に基づく場合
  • (ウ)人の生命、身体または財産の保護に必要な場合で、お客さまの同意を得ることが困難な場合
  • (エ)公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合で、お客さまの同意を得ることが困難な場合
  • (オ)国の機関などが法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合でお客さまの同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れのあるとき
(2) 個人情報の利用目的達成に必要な範囲内において、個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合には、委託先においてもお客さまの個人情報については必要かつ適切な措置を講じます。
当行では、例えば、以下のような場合に、個人データの取扱いの委託を行っております。
  • (委託する事務の例)
    ・取引明細通知書(ステートメント)発送に関わる事務
    ・外国為替等の対外取引関係業務
    ・ダイレクトメールの発送に関わる事務
    ・情報システムの運用・保守に関わる業務
(3) 当行がお客さまのご自身に関する情報を特定のものと共同して利用する場合は下記のとおりです。
  • (ア)共同利用者の範囲
    当行および当行の有価証券報告書等に記載している関連子会社
  • (イ)共同利用者の事業内容、利用する情報の項目、利用目的等の詳細につきましては下記よりご確認ください。

4.個人情報の安全管理について

当行はお客さまの個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう常に適切な措置を講じます。また、お客さまの大切な個人情報の漏洩、滅失または毀損の防止その他のお客さまに関する情報の安全管理のため、安全管理にかかる基本方針・取扱規程等の整備および安全管理措置にかかる実施体制の整備等の必要かつ適切な措置を講じます。

5.個人情報の開示・訂正等のご請求について

(1) お客さまより、当行が保有するお客さまご自身に関する情報について、当該情報の利用目的の通知、または情報の開示を求められた場合はご本人確認の手続きを行ったうえで、特別な理由がない限り利用目的の通知、情報の開示をいたします。
なお、利用目的の通知、または情報の開示に応じられない場合はお客さまにその理由を説明することとします。
また、お客さまからご自身の個人情報の内容について、訂正、追加、削除を求められた場合は遅滞なく必要な調査を行い、正確な内容へ訂正、追加、削除を行うこととします。
利用目的の通知、個人情報の開示のご請求および訂正等に関する帳票については当行各本支店窓口に備え付けておりますので、ご本人確認書類を添付して、本支店窓口にご持参いただくか、後記6に記載の窓口までご郵送してください。なお、情報開示につきましては所定の手数料が必要となります。
(2) ダイレクトメールの発送や、電話による金融商品およびサービスに関する各種ご提案を希望されない場合には、お客さまの個人情報の当該目的での利用を中止いたしますので、お近くの本支店窓口あるいは下記の窓口までお申し出ください。

6.個人情報の取扱いに関する質問、苦情について

個人情報に関する質問 および苦情については下記窓口までお問い合わせください。

株式会社 十八銀行 経営管理部
〒850-0841 長崎県長崎市銅座町1-11  フリーダイヤル:0120-27-1818
平日の午前9:00〜午後5:00(祝日などの銀行休業日を除く)

7.個人情報保護への取組みの維持・改善について

お客さまからお預かりした個人情報につきましては上記に挙げた項目に沿って取扱い、個人情報の保護および取扱いについて、継続的な改善に努めてまいります。

株式会社 十八銀行
頭取  森 拓二郎


【注】お客さまの個人情報の利用目的について

業 務

  • ・預金業務、為替業務、両替業務、融資業務、外国為替業務およびこれらに付随する業務
  • ・公共債販売業務、投信販売業務、保険販売業務、金融商品仲介業務、信託業務、社債業務等、法律により銀行が営むことができる業務およびこれらに付随する業務
  • ・その他銀行が営むことができる業務およびこれらに付随する業務(今後取扱いが認められる業務を含む)

利用目的

当行および当行の関連会社や提携会社の金融商品やサービスに関し、下記利用目的で利用いたします。なお、特定の個人情報の利用目的が、法令等に基づき限定されている場合には、当該利用目的以外で利用いたしません。

  • ・各種金融商品の口座開設等、金融商品やサービスの申込の受付のため
  • ・犯罪収益移転防止法に基づくご本人さまの確認等や、金融商品やサービスをご利用いただく資格等の確認のため
  • ・預金取引や融資取引等における期日管理等、継続的なお取引における管理のため
  • ・融資のお申込や継続的なご利用等に際しての判断のため
  • ・適合性の原則等に照らした判断等、金融商品やサービスの提供にかかる妥当性の判断のため
  • ・与信事業に際して個人情報を加盟する個人信用情報機関に提供する場合等、適切な業務の遂行に必要な範囲で第三者に提供するため
  • ・他の事業者等から個人情報の処理の全部または一部について委託された場合等において、委託された当該業務を適切に遂行するため
  • ・お客さまとの契約や法律等に基づく権利の行使や義務の履行のため
  • ・市場調査、ならびにデータ分析やアンケートの実施等による金融商品およびサービスの研究・開発のため
  • ・ダイレクトメールの発送等、金融商品やサービスに関する各種ご提案のため
  • ・提携会社等の商品やサービスの各種ご提案のため
  • ・各種お取引の解約やお取引解約後の事後管理のため
  • ・その他、お客さまとのお取引を適切かつ円滑に履行するため

※ 利用目的の特定にあたって、法令等による利用目的の限定は下記のとおりです。

  • ・銀行法施行規則により、個人信用情報機関から提供を受けた資金需要者の借入金返済能力に関する情報は、資金需要者の返済能力の調査以外の目的に利用・第三者提供いたしません。
  • ・銀行法施行規則により、人種、信条、門地、本籍地、保険医療または犯罪経歴についての情報等の特別の非公開情報は、適切な業務運営その他の必要と認められる目的以外の目的に利用・第三者提供いたしません。

全国銀行個人情報保護協議会について

当行は、金融分野における認定個人情報保護団体である全国銀行個人情報保護協議会の会員です。全国銀行個人情報保護協議会の苦情・相談窓口(全国銀行協会相談室および銀行とりひき相談所)では、会員の個人情報の取扱いについての苦情・相談をお受けしております。

全国銀行個人情報保護協議会 http://www.abpdpc.gr.jp
【苦情・相談窓口】 TEL:03-5222-1700 または近くの銀行とりひき相談所

日本証券業協会について

当行は証券業務等分野における認定個人情報保護団体である日本証券業協会の会員です。日本証券業協会の苦情 ・相談窓口(個人情報相談室)では、会員の個人情報の取扱いについての苦情・相談をお受けしております。

日本証券業協会 http://www.jsda.or.jp/
【苦情・相談窓口】 個人情報相談室 TEL:03-3667-8427