このページの本文へジャンプする

十八銀行ではじめてみませんか、NISA

国が資産づくりの手助けとして導入した非課税制度
株式投資信託・上場株式の売却益や普通分配金が対象
利用できるのは日本にお住まいの20歳以上の方
(NISA口座を開設する年の1月1日現在で、20歳になっている方)
1年単位で金融機関の変更が可能
課税口座(特定・一般口座)では、売却益や普通分配金にかかる税率が20.315%となりますが、NISA口座では非課税で資産づくりができます。

必要な書類

①マイナンバー(個人番号)を確認できる書類
●通知カード、個人番号カード、マイナンバー(個人番号)が記載された住民票など
②ご本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)
十八銀行で投資信託口座をお持ちでないお客さま
③投資信託口座のお届け印

NISA・つみたてNISAに関するご留意事項

  • ●NISA・つみたてNISAの口座開設には、マイナンバー(個人番号)を確認できる書類、ご本人確認書類(投資信託口座をお持ちでない方は、投資信託口座のお届け印)が必要となります。
  • ●口座の開設には、所定の書類の提出から約4週間の日数を要します。
  • ●NISA・つみたてNISAで発生した損失は、損益通算および繰越控除はできません。
  • ●元本払戻金(特別分配金)は、もともと非課税であり制度のメリットを享受できません。
  • ●対象となる金融商品は、上場株式・株式投資信託等ですが、当行では株式投資信託のみの取扱となります。
  • ●NISAの非課税投資枠(年間120万円)及びつみたてNISAの非課税枠(年間40万円)は、一度売却するとその非課税投資枠の再利用はできません。
  • ●平成29年12月時点の法令等に基づき作成しています。今後の法改正等により、内容が変更になる可能性もありますので、ご注意ください。

NISAに関するご留意事項

  • ●金融機関等の変更を行った場合は、同一の勘定設定期間(※)に複数の金融機関等にNISA口座が存在することとなりますが、その場合であっても各年におけるNISA口座での買付は1つのNISA口座でしか行うことはできません。
    (※勘定設定期間2018年1月1日〜2023年12月31日)

つみたてNISAに関するご留意事項

  • ●NISAとつみたてNISAは選択制であり、併用することができません。2023年までは、お申し出により毎年切り替えることもできます。
  • ●つみたてNISAをご利用いただくにあたり、定期的、継続的に積立投資を行う積立契約を行う必要があります。
  • ●20年の非課税期間経過後、翌年の非課税投資枠に保有商品を移管すること(ロールオーバー)はできません。
  • ●つみたてNISAにかかわる累積投資勘定によりお買付けした投資信託の信託報酬等の概算値を原則として年1回通知いたします。
  • ●つみたてNISAに累積投資勘定を設けた日から10年経過した日、および同日の翌日以降5年を経過した日(以下基準経過日)ごとに、つみたてNISAを開設いただいたお客さまのお名前・ご住所について確認させていただきます。なお、基準経過日から1年以内に確認できない場合、つみたてNISAが利用できなくなる場合があります。

販売会社

商号     株式会社 十八銀行
登録金融機関 福岡財務支局長(登金)第2号
加入協会   日本証券業協会