このページの本文へジャンプする

外貨定期預金

商品説明

取扱通貨 米ドル・ユーロ
お預入れ 預入期間 1か月、3か月、6か月、1年
(注1) 個人の方は自動継続型(元加式/利払式)のお取扱いとなります。
法人の方は自動継続型(元加式/利払式)または、非自動継続型(満期時に自動継続しません)をお選びになれます。
(注2) 満期日が銀行休業日の場合は、翌営業日を満期日とします。
預入方法 一括してお預入れいただきます。
最低預入額 500通貨単位
預入単位 1補助通貨単位(1米ドルセント、1ユーロセント)
お利息 適用金利
  • ・お預入れ時に適用した金利を約定金利として満期日まで適用します。
  • ・自動継続型の場合は、継続時の金利が適用されます。
  • ・非自動継続型の満期日以後の金利は、当該通貨の普通預金金利を適用します。
(注) 適用金利は毎週見直していますので、お近くの十八銀行窓口、またはこちらにてご確認ください。
利払方法 満期日に一括して支払います。
計算方法 付利単位を10米ドルもしくは10ユーロとし、1年を365日とする日割り計算いたします。
払戻し 満期日にお利息とともに一括して払戻しいたします。
中途解約の取扱 原則として、お取扱いいたしません。
(注) ただし、当行がやむを得ないものと認めて中途解約する場合は、 お預入れ日または前回継続日以降解約日までの金利は、解約日における当該通貨の普通預金金利となります。 なお、期日前解約にあたっては別途解約コストがかかる場合があり、その場合、解約元利金から解約コストを差し引いた金額が当初お預入れの元本金額を下回る(=元本割れ)可能性があります。
適用相場 外貨預金のお取引に適用される為替レートは、以下2種類の当行公示相場となります。
@TTS: 円を外貨に交換する時のレートで、
米ドルについては当行が毎営業日に決定する仲値+1円(ユーロは+1.5円)
ATTB: 外貨を円に交換する時のレートで、
米ドルについては当行が毎営業日に決定する仲値−1円(ユーロは−1.5円)
(注) お取引金額が100万米ドル相当額以上の場合または為替相場が著しく変動し、当行公示相場より1円以上乖離(かいり)した場合の10万米ドル相当額以上のお取引については、 市場実勢相場を参考に、当行が決定する相場を適用する場合があります。
手数料(非課税) お預入れやお引出し等のお取引に際し、以下の手数料をご負担いただきます。
・通貨のお取引
外貨現金
(米ドル紙幣、ユーロ紙幣)
お預入れ時
(TTSレート)
お引出し時
(TTBレート)
合 計 お預入れ時 お引出し時
1米ドルあたり 1円 1円 2円 3円 3円
1ユーロあたり 1円50銭 1円50銭 3円 7円50銭 7円50銭

・T/C(米ドル建または、ユーロ建)に関するお取引
外貨取扱手数料
T/Cによる
お預入れ
外貨金額の0.05%に取扱日のTTSを乗じた円貨 (ただし、最低手数料1,500円)
(注) 外国通貨でのお預入れ・お引出しならびにT/Cでのお預入れは、外貨両替取扱店でのみのお取扱いとなります。
為替差益と為替差損 預入元本については、お預入れ時の為替相場に比べ、満期日の為替相場が一定額(預入時と比べて往復の為替手数料を上回る) 以上円安になると「為替差益」が生じますが、その他の場合は 「為替差損」が生じ、お受取り円貨額がお預入れ時の払込円貨額を下回る(元本割れ)リスク(為替変動リスク) があります。
外貨預金には、為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受取りの外貨元利金を円換算すると、 当初外貨預金作成時の払込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
米ドル1ドルにつき2円、ユーロは1ユーロにつき3円、TTS(お預入れ時)とTTB(お引出し時)に差があります。 したがって為替相場に変動がない場合でも、2円または3円分の手数料がかかるため、お預入れ時の円貨額よりお引出し時の円貨額が少なくなり、 払込み円貨額を下回る(元本割れ)可能性があります。
為替予約 為替予約とは、外貨定期預金の満期日の解約為替相場を預入期間中に決定し、満期日におけるお受取り円貨額を事前に確定させるお取引のことをいいます。 為替予約は、お預入れの翌営業日から満期日の2営業日前までの間に締結することができます。ただし、為替予約を一旦締結すると、 予約の取消はできず、必ず予約したレートでご解約いただくことになります。
税金 利息にかかる税金
  • ・お受取利息には20.315%(国税15.315%、地方税5%) の源泉分離課税が適用されます。
  • ・外貨預金は、マル優の適用は受けられません。
為替差益が
発生した場合
雑所得として確定申告による総合課税となります。
(注) 年収2,000万円以下の給与所得者で、為替差益を含めた給与以外の所得が年間20万円以下であれば、 確定申告は不要です。なお、給与を複数の会社から得ていないことが条件となります。
為替差損が
発生した場合
黒字の雑所得から控除することができますが、他の所得と通算することはできません。
預金保険制度 預金保険制度の対象外となります。
取扱窓口
  • ・一部の店舗では、外貨定期預金はお取扱いしておりません。
  • ・お預入れ・お引出し(ご解約)は、口座開設店以外の店舗ではお取扱いできません。
(注) 外貨現金でのお引出しを予定されている場合、金額や通貨種類によってはお取扱いできないケースもありますので、 事前にお近くの窓口へおたずねください。 なお、外貨現金によるお預入れ・お引出しならびにT/Cでのお預入れについては、外貨両替取扱店のみのお取扱いとなります。
  • ・取扱時間/米ドル 午前10:00〜午後2:00、ユーロ 午前11:00〜午後2:00
くわしくは、お近くの窓口におたずねください。 (平成25年6月14日現在)