このページの本文へジャンプする

キャンペーン

未来へつなぐ冬のキャンペーン

プレゼントについてのご留意事項

  • ●プレゼントは店頭窓口にてお渡しいたします。
  • ●キャンペーン期間中に複数回お取引いただいた場合でも、プレゼントはお1人様1点とさせていただきます。
  • ●プレゼントは店頭にご用意している個数の先着順といたしますので、ご了承ください。

キャンペーンについてのご留意事項

  • ●個人のお客さまが対象です。
  • ●積立投資信託では、現在積立中のお客さまで、別途新規でファンドをご購入の場合も対象となります。ただし、現在積立中のファンドを解約し、別のファンドをご購入される場合は対象外です。
  • ●お客さまがご希望される金融商品であっても、お客さまの金融商品、投資に対する知識やご経験、財産の状況、投資の目的等をふまえ、お申込みをお断りさせていただく場合がございます。よってキャンペーンに参加できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

投資信託のご留意事項

  • ●投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。
  • ●投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●投資信託はクーリング・オフの対象ではありません。
  • ●投資信託は元本・利回りが保証されている商品ではありません。
  • ●十八銀行はご購入・ご換金のお申込みについてお取扱いしています。投資信託の設定・運用は各運用会社がおこないます。
  • ●過去の運用実績は、将来の運用結果をお約束するものではありません。
  • ●投資信託は、国内外の株式や債券および不動産投資信託等を投資対象としますので、組み入れている株式や債券、不動産投資信託等の価格の変動などにより投資信託の基準価額が変動し、投資元本を下回る(=元本割れ)ことがあります。
  • ●投資信託に組み入れられている株式・債券などの発行体等の経営・財務状況が悪化した場合や格付が低下した場合等、投資信託の基準価額が下落し、投資元本を下回る(=元本割れ)ことがあります。
    また、ファンドが投資する不動産投資信託証券について、支払不能や債務超過の状態になった場合、投資信託の基準価額が下落し、投資元本を下回る(=元本割れ)ことがあります。
  • ●外貨建て資産を投資対象としている投資信託は、当該通貨に対して円高になった場合、投資信託の基準価額が下落し、投資元本を下回る(=元本割れ)ことがあります。
  • ●投資信託の運用による利益または損失は、投資信託をご購入されたお客さまに帰属します。
  • ●ご購入、ご換金のお申込みにあたっての最終決定は、お客さまご自身でご判断ください。
  • ●外貨建て資産を投資対象としている投資信託については、海外休日等の関係で、ファンドのご購入やご換金ができない場合があります。
  • ●投資信託は、ご購入時にお申込手数料【約定日の基準価額に対して最大3.24%(税込)】、保有期間中に信託報酬【純資産総額に対して最大年率2.16%(税込)】、換金時には信託財産留保額【約定日の基準価額に対して最大0.5%】などの費用がかかります。
    • ※お客さまにご負担していただく手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なるためあらかじめ表示することができません。
  • ●くわしくは十八銀行本支店等にご用意しております契約締結前交付書面、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」を必ずご覧ください。

NISA、ジュニアNISA、つみたてNISAに関するご留意事項

  • ●口座の開設には、所定の書類の提出から約3〜4週間の日数を要しますので、余裕をもってお申込みください。
  • ●NISA口座、ジュニアNISA口座、つみたてNISA口座で発生した損失は、損益通算および繰越控除はできません。
  • ●元本払戻金(特別分配金)は、もともと非課税であり制度のメリットを享受できません。
  • ●対象となる金融商品は上場株式・株式投資信託等ですが、当行では株式投資信託のみのお取扱いとなります。
  • ●本非課税制度に関する記載内容は、2018年11月時点の法令等に基づき作成しています。

NISAに関するご留意事項

  • ●NISA口座の開設には、当行での投資信託口座の開設が必要となります。投資信託口座を未開設のお客さまは投資信託口座の開設後、NISA口座の申請をおこなってください。
  • ●NISA口座の開設には、個人番号が確認できる書類と本人確認書類(運転免許証、各種保険証等)が必要となります。
  • ●NISA口座は、基本的に1つの勘定設定期間(※)において一人一口座(一金融機関等)しか開設できません(金融機関等を変更した場合を除く)。口座開設金融機関等の変更手続をおこなった場合には、複数の金融機関等にNISA口座が存在することとなりますが、その場合であっても各年においてNISA口座での買付は1つのNISA口座でしかおこなうことができません。※勘定設定期間:2018年1月1日〜2023年12月31日(6年間)
  • ●NISAの非課税投資枠(年間120万円)は、一度売却するとその非課税投資枠の再利用はできません。

つみたてNISAに関するご留意事項

  • ●NISAとつみたてNISAは選択制であり、併用することができません。2023年までは、お申し出により毎年切り替えることもできます。
  • ●つみたてNISAをご利用いただくにあたり、定期的、継続的に積立投資をおこなう積立契約をおこなう必要があります。
  • ●20年の非課税期間経過後、翌年の非課税投資枠に保有商品を移管すること(ロールオーバー)はできません。
  • ●つみたてNISAにかかわる累積投資勘定によりお買付けした投資信託の信託報酬等の概算値を原則として年1回通知いたします。
  • ●つみたてNISAに累積投資勘定を設けた日から10年経過した日、および同日の翌日以降5年を経過した日(以下基準経過日)ごとに、つみたてNISAを開設いただいたお客さまのお名前・ご住所について確認させていただきます。なお、基準経過日から1年以内に確認できない場合、つみたてNISAが利用できなくなる場合があります。

ジュニアNISAに関するご留意事項

  • ●ジュニアNISAのご利用には、当行で投資信託口座の開設に加え、以下の「未成年者さま名義の普通預金口座」が必要です。

①払出制度がある

 普通預金口座

 (指定預金口座)

投資信託のご購入・ご換金の手続きの際に利用するジュニアNISA専用の普通預金口座で、新たに作成していただく必要があります。

※18歳に達する年度の12月31日まで、原則購入目的以外のお引出し・お振替えはできません。

②払出制限がない

 普通預金口座

運用資金をご入金・お振込みいただく普通預金口座です(すでにお持ちの未成年者さま名義の普通預金口座をご利用になれます)。

※購入時は「払出制限がない普通預金口座」から「払出制限がある普通預金口座」に運用資金を振替入金し、購入手続きをおこなっていただきます。

「払出制限がない普通預金口座」には入金額の制限はございませんが、未成年者さまに対する贈与税上の基礎控除額(110万円)を超えるご入金の場合、課税対象となる可能性がありますので、ご注意ください。

  • ●ジュニアNISA口座の開設は、未成年者さまの個人番号が確認できる書類と未成年者さまの本人確認書類(各種保険証等)が必要です。また親権者さま(取引代理人)との関係が確認できる書類(住民票謄本等(発行から6ヶ月以内のもの))と親権者さまの本人確認書類(運転免許証、各種保険証等)が必要です。
  • ●ジュニアNISA口座は、基本的に一人一口座(一金融機関等)しか開設できません(廃止後の再開設は可能です)。※勘定設定期間:2016年1月1日〜2023年12月31日(8年間)
  • ●ジュニアNISAの非課税投資枠(年間80万円)は、一度売却するとその非課税投資枠の再利用はできません。
商号 :株式会社 十八銀行
登録金融機関 :福岡財務支局長(登金)第2号
加入協会 :日本証券業協会