このページの本文へジャンプする

預金保険制度

決済用預金(※1)のみが全額保護の対象となります。
当行は、お客さまに安心してお取引いただけますよう、これからも健全経営に徹するとともに、
経営情報の積極的な開示に努めてまいります。

  預金などの分類 保護の範囲
預金保険の
対象預金
決済用預金(※1) 当座預金
利息のつかない普通預金等
全額保護
一般預金等 利息のつく普通預金
定期預金
定期積金等(※2)
合算して元本1,000万円までとその利息等を保護(※3)

1,000万円を超える部分は、破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われます。
預金保険の
対象外預金
外貨預金、譲渡性預金等 保護対象外

破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われます。
  • (※1)決済用預金とは、「無利息、要求払い、決済サービスを提供できること」という3条件を満たすものです。
  • (※2)このほか、貯蓄預金、通知預金、納税準備預金等を含みます。
  • (※3)金融機関が合併を行ったり、営業(事業)の全てを譲り受けた場合には、 その後1年間に限り、
     当該保護金額が1,000万円の代わりに、「1,000万円×合併等に関わる 金融機関の数」による金額になります。

預金保険制度のくわしい情報はこちら