検索 閉じる
 
 
 

インターネットバンキングの情報をスマートフォンやパソコン等に保存しないでください

スマートフォンやパソコン本体または各種クラウドサービス等に、インターネットバンキングのご利用に必要な会員番号やパスワード等(暗証番号、ログインパスワード、取引確認番号)を絶対に保存しないでください。

犯人が不正にスマートフォンやパソコン、各種クラウドサービスにアクセスし、保存した情報を盗み取り、インターネットバンキングを利用してお客さまの預金を不正に送金する犯罪が全国的に発生しています。

■会員番号やパスワード等を下記のように保存したり送信する行為は絶対にお止めください!
<1> スマートフォンのメモ帳アプリパソコンのエクセルファイルなどに入力して保存する。
<2> ダイレクトバンキングカード(カード裏面の乱数表)を写真に撮り各種クラウドサービスに保存する。
<3> 自分宛に電子メール等で送信してメールを保存する。

犯罪者はお客さまのスマートフォンやパソコンをウイルスに感染させ、お客様が保存した会員番号やパスワード等を詐取して、インターネットバンキングを不正に操作して、お客さまの大切なご預金を盗もうと狙っています