検索 閉じる
 
 
 

頭取メッセージ

取締役頭取 吉澤 俊介

取締役頭取 森 拓二郎

 皆さまには平素より格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございます。
 株式会社十八銀行は、1877年(明治10年)に「第十八国立銀行」として創立以来、健全経営を旨とし、地域社会の発展とともに歩み続けてまいりました。
 当行は、2019年4月にふくおかフィナンシャルグループと経営統合し、翌2020年10月には同じ長崎県を地盤とする親和銀行との合併を予定しております。統合・合併によって生み出されたシナジー効果を長崎県のために使い、これまで以上に地元企業へのサポート及び地域の活性化に積極的に取組む事で、地元長崎県の経済発展に貢献する所存です。

 長崎は九州の西端に位置し、歴史的にもアジア諸国や西洋諸国との交流が盛んで、長崎特有の文化が育まれております。また、周囲を海に囲まれており海洋資源の豊富な地でもあります。2015年には「明治日本の産業革命遺産」、2018年には「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されるなど、改めて長崎の歴史・文化にスポットが当たっています。また、2022年度には九州新幹線西九州ルートの開業を控え、長崎の街も大きく生まれ変わろうとしています。
 当行はこれからも地域経済の発展に貢献できるよう、ブランドスローガン「あなたのいちばんに。」の御旗のもと、役職員一丸となって全力で取り組んでまいります。
 今後とも引き続きご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社十八銀行
取締役頭取   森 拓二郎