このページの本文へジャンプする

社会貢献活動

「長崎が目指す2つの世界遺産登録」の推進活動を応援

新入行員の清掃活動

○新入行員91名が地域貢献活動研修として小菅修船場跡を清掃

 平成30年4月12日(木)、平成30年度新入行員91名が研修の一環として、長崎市世界遺産推進室のご協力
 のもと「小菅修船場跡」の清掃活動と研修を行いました。

○新入行員67名が地域貢献活動研修として大浦天主堂・グラバー園周辺を清掃

 平成29年4月12日(水)、平成29年度新入行員67名が研修の一環として、長崎市世界遺産推進室のご協力
 のもと「大浦天主堂・グラバー園周辺」の清掃活動を行いました。
 また、「長崎が目指す2つの世界遺産」の構成資産についても理解を深めました。

○新入行員80名が大浦天主堂・グラバー園周辺を清掃

 平成28年4月13日(水)、平成28年度新入行員80名が研修の一環として、長崎市世界遺産推進室のご協力
 のもと「大浦天主堂・グラバー園周辺」の清掃活動を行いました。
 また、「長崎が目指す2つの世界遺産」の構成資産についても理解を深めました。

○新入行員92名が研修の一環として小菅修船場跡を清掃

 平成27年4月8日(水)、新入行員92名が研修の一環として「明治日本の産業革命遺産」の構成遺産のひとつ
 「小菅修船場跡」の清掃活動を行いました。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産基金」へ寄付を実施

 平成29年6月9日(金)、当行創立140周年記念事業の一環として「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産基金」に寄付を行いました。

「聖母が見守った奇跡〜長崎の教会群とキリスト教関連遺産〜」に特別協賛(平成27年2月)

 長崎歴史文化博物館で開催の世界遺産推薦記念「信徒発見150周年記念事業」特別展に協賛しました。

端島(軍艦島)のボランティア清掃を実施

世界遺産登録応援活動の一環として、平成26年5月31日(土)に当行行員約110名が参加し、端島(軍艦島)でボランティア清掃活動を行いました。

「ここがスゴイ!明治日本の産業革命と長崎」に協賛

長崎歴史文化博物館で開催の世界遺産推薦特別展に協賛しました。

「長崎の教会群 世界遺産登録応援定期」に係る寄付の実施について(平成25年5月)


「長崎の教会群(現:長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産)」の世界遺産登録に向けた応援活動の一環として、平成24年9月から12月にかけて取扱った「長崎の教会群 世界遺産登録応援定期」に係る寄付を長崎県・長崎市に対して行いました。


1.寄贈品目

  情宣ツール「インタラクティブ・デジタルサイネージ」(双方向型電子看板)


2.寄贈先等 ・・・ 当行が寄贈したデジタルサイネージは、以下の場所で閲覧・体験ができます。

寄贈先 寄贈数 設置場所
長崎県 2台 長崎空港(出発ロビー)
大波止ターミナル
長崎市 1台 グラバー園

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」写真ロビー展を開催(平成24年10月〜平成25年5月)

長崎県内外の営業店35ヵ店において、世界遺産登録を目指している構成資産(教会堂⇒現在は集落)等の写真展を開催し、皆さまから好評を博しました。


展示写真(一例)

職員一丸となった推進活動

応援メッセージ入りの名刺を使用するなど、役職員一丸となって世界遺産登録に向けた機運を盛上げています。

◎構成資産の詳細については、長崎県のホームページをご覧ください。
http://www.pref.nagasaki.jp/s_isan/isan/list1.html


大浦天主堂


グラバー住宅


端島(軍艦島)


カンチレバークレーン